ドラマ「鎌倉殿の13人」第1話あらすじとネタバレ感想!三谷幸喜節炸裂!姫の正体は?ガッキー演じる八重姫が可愛すぎる…

「新撰組!」「真田丸」以来3作目となる三谷幸喜さん脚本の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

小栗旬さんを主演に迎え、平安末期から鎌倉時代に活躍した武士・北条義時の生涯を描きます。

2022年1月9日(日)に、待望の第1話「大いなる小競り合い」が放送されました。

第1話から三谷幸喜節が炸裂したその内容とは!?

この記事では、いよいよ始まった大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第1話のあらすじと感想をネタバレありでご紹介します

\鎌倉殿の13人の動画を見逃し視聴/

ドラマ「鎌倉殿の13人 」見逃し配信・再放送情報!1話から最終回まで無料動画を視聴できるサイトを紹介

目次

ドラマ「鎌倉殿の13人」第1話:あらすじ【ネタバレあり】

罪人・源頼朝が行方不明に!?その所在は…

冒頭では主人公の北条義時(小栗旬)が「」と呼ばれる人物を馬に乗せ、追っ手から逃げるシーンが描かれます。

あーちゃん

」とは誰でしょうか?新垣結衣さん演じる八重姫かな?

物語の舞台は平清盛(松平健)率いる平氏が最盛期を迎えていた平安時代の末期。

「平治の乱」で源氏を日本各地に散り散りに追いやった平清盛は、朝廷をも操れる強大な存在になっていました。

安政元年(1175年)、豪族である北条時政(坂東彌十郎)は都で3年にわたる帝の警護を終え、故郷である伊豆に戻ります。

北条家の次男坊である北条義時は、父親である時政の補佐をしていました。

時政の都からの帰還を祝う祝宴で、義時は三浦義村(山本耕史)からとんでもない話を耳にします。

それは、伊豆を治める平家方の御家人・伊東祐親(=爺様/浅野和之)が捕らえた罪人・源頼朝(大泉洋)が、義時が密かに想いを寄せていた八重姫(新垣結衣)と結婚。

知らぬ間に恋に落ち、子供を出産していたということでした

あーちゃん

八重と自分は好き同士だったのでは…!?と思っていた義時はあからさまにショックを受けている様子でした。義時残念、勘違いですね!

さらに驚くことは、爺様が家人に頼朝を殺すように命じたところ、頼朝はすでに姿を消していたというのです。

そんな時に義時の兄・宗時(片岡愛之助)が割って入り、源頼朝を北条家の館に匿っていると打ち明けました

宗時は大の平家嫌いで、頼朝の力を借りていつか平家をぶっ潰そうと考えていたのです。

さらに宗時は現在爺様の館に暮らす、八重姫とまだ幼い息子の千鶴丸(太田恵晴)を北条の館まで連れてくる約束までしていました。

困った義時は三浦義村にこのことを相談しますが、「内密に」と言ったものの、善村はこのことを爺様に伝えようと策略を巡らせます。

その頃、宴会にやってきた爺様は義政に「あいつだけは許さん!」と頼朝に対する怒りをぶつけていました。

もちろん義政は、まさか頼朝が北条の館に匿われているなど思ってもいません。

むしろ、爺様のとこから3度目の妻・りく(宮沢りえ)を迎えることを約束され、大はしゃぎでした。

頼朝を匿っていることが爺様にバレた!?

義政の機嫌が良いことを見計らって、義時は兄・宗時に頼朝の一件を打ち明けるように伝えます。

爺様が躍起になって探している頼朝が自分の居館に匿われていることを知った義政は、もちろん大激怒!

あーちゃん

もう終わりだ〜!と、まるで子供のように床をのたうちまわり回っていました。お父ちゃんのキャラ、めちゃくちゃ良いですね!

しかし頼朝と面会をするとあまりの人柄の良さに驚いたのか、「あいつ、なかなかいいやつじゃないか」と、あと3日間だけ館に置くことを許します。

その3日の間に頼朝の世話をしていた義時の姉・政子(小池栄子)は頼朝に一目惚れからのぞっこん状態に…!?

頼朝も満更でもない様子で、義時に「姉は結婚していないのか?」などと聞いて来る始末です。

あーちゃん

何度も共演している大泉洋さんと小池栄子さんならではの抜群のコンビネーションは抜群で笑いを生み出していました。

翌日、義時は頼朝から頼まれた手紙を渡しに伊東の爺様の館へ赴きます。

義時が八重姫に手紙を渡し帰路に着こうとすると、頼朝を匿っていることに勘づいていた爺様に呼び止められたのです。

「引き渡さなければ、力ずくで取りに行くまでじゃ。」

時政にそう伝えるよう言い渡されて、義時は帰路に着きます。

その途中、川辺で伊東の家人である善児(梶原善)が、まだ幼い千鶴丸を手にかけたところを目撃してしまったのです…!

北条の館へ帰った義時は、頼朝に千鶴丸が殺されたことを報告しました。

「この時代に生まれたことが運命である」と愛息の死を受け入れて、お経を唱えようとする頼朝に向かって義時は「本当に平家を潰す気があるのか!?」と訪ねます。

対して頼朝は、「自分は何度も死に直面してきたがなぜか生かされている。それはなすべき事があるから。しかし、立つのか、立たぬのか、自分にもわからない。」と答えました。

しかし頼朝は義時が去った後、家人であり伊東家に土地を奪われた工藤祐経に「私の命であれば気が楽になるだろう?」と、千鶴丸を殺した者への復讐を命じたのです。

あーちゃん

幼い子供を殺すなんて…と思うでしょうが、残念ながら千鶴丸暗殺は事実。八重のことを思うと、頼朝は許すはずないでしょう。

頼朝を連れて、まさかの逃亡劇!

程なくして伊東の爺様が家人たちを連れて北条の館までやってきました。

時政・宗時と押し問答になっている最中を見計らい、政子は頼朝に化粧を施し女性の着物を着せて逃亡させようと提案したのです

義時は女装させた頼朝を馬の背に乗せて伊東の兵を欺き北条邸を脱出!

姫様!気をつけて!

あーちゃん

ここで冒頭の伏線回収!「姫様」の正体はまさかの大泉さん!(源頼朝)案外満更でもないじゃないか。ドヴォルザークの「新世界」の使い方も斬新でした。

義時が頼朝を連れて逃げ出したことに気づいた伊東方の兵士たちは罠を用意して2人を捕らえようとしますが、義時はうまくかわして追っ手から逃げ続けます。

その頃、朝廷をも操れるようになっていた平清盛でしたが、後白河法皇(西田敏行)との蜜月関係も終焉を迎えようとしていました。

そして全国に散らばった源義経(菅田将暉)、木曾義仲(青木崇高)など源氏の仲間達の紹介。

時代が更なる波乱を迎えようとしていることが示唆されて、第1話が終わります。

ドラマ「鎌倉殿の13人」第1話ネタバレ感想!ガッキーが可愛すぎ!

三谷幸喜さんが描く「予測不能なエンターテイメント」ということで、放送を心待ちにしていた方も多い大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

初回から三谷幸喜さん節が炸裂する、自由な雰囲気の時代劇でした

中でも評判だったのが義時が密かに想いを寄せていた新垣結衣さん演じる八重姫の可愛さです。

義時が想いを寄せており、なんなら両思いだとすら思っていた八重姫でしたが、伊東の爺様がいない間に頼朝と良い関係に

それからはもう頼朝が好きで仕方がないようで、北条家に匿われている頼朝に「早く会いたい」「いつ会えるのか」「会えるように何とかしなさい」と手紙を届けに来た義時を困らせる始末。

さらに義時のことはあまりなんとも思っていないようだった事が判明し、度肝を抜かれた」「めんどくさいキャラだった」「意外とキツいこと言うという、見た目のおっとりさとのギャップが話題になりました。

あーちゃん

でもガッキーさんが可愛すぎるから許せる!小池栄子さんからもガッキーさんからもモーションをかけられて、大泉さんは役得ですね。実際に頼朝はモテたのかな?

ドラマ「鎌倉殿の13人」SNSでの感想・評判

脚本もキャストも豪華な大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

  • 1話目から名台詞多すぎ!
  • 1年間楽しみにしています!
  • ずるいよ頼朝…
  • 北条家の皆さん、可愛すぎ!

など、第1話から絶賛と爆笑の声が多く上がっています。

「三谷大河」の今までのやり方にとらわれない自由な雰囲気が、新たなファンを多く生んでいるのではないでしょうか?

また、何をぶっ込んでくるかわからない予測不能さも視聴者をドキドキさせてくれる楽しさがあります

セリフも設定も割と自由なことはガチの歴史ファンからすれば納得いかないかもしれませんが、普段からあまり時代劇に触れない人にとってはこのくらいの方が見やすいのかもしれませんね。

あーちゃん

私も早速大泉さんが演じる頼朝にやられてしまいました(笑)

ドラマ「鎌倉殿の13人」第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ!

ドラマ「鎌倉殿の13人」第1話、「大いなる小競り合い」のあらすじと感想をネタバレありでご紹介しました

  • 行方不明になった罪人・源頼朝を匿っていたのは北条義時の兄・宗時
  • 頼朝は平家を倒すために立ち上がるのかはっきりしない様子だった
  • 義時が連れて逃げた「姫」の正体は源頼朝

初回から相変わらずの三谷幸喜さん節が全開した、演出や言語なども堅苦しくない見やすい大河ドラマの予感がします。

「姫様」こと源頼朝を連れた義時は、伊東側の追っ手から逃げ切る事ができるのでしょうか?

第2話「佐殿の腹」は、1月16日放送予定です

第1話「大いなる小競り合い」の見逃し配信は、NHKプラス(期間限定)、NHKオンデマンド、U-NEXTで実施中

2022年絶対に押さえておきたい大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

\鎌倉殿の13人の動画を見逃し視聴/

目次
閉じる