ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第1話あらすじとネタバレ感想!イケメンもたくさん登場!松田翔太はかっこよすぎ…

ムチャブリ! わたしが社長になるなんて

日テレ系列で1月12日(水)に始まったドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」は、原作なしのオリジナルストーリーです。

高畑充希さんが演じる高梨雛子は社長からムチャブリを受け、子会社の社長になってしまいます。

第1話では、数々のムチャブリに奮闘する雛子の様子が描かれました。

この記事では、ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第1話のあらすじと感想をネタバレありでご紹介します。

\ ムチャブリ!の見逃し動画を無料視聴 /

ドラマ「ムチャブリ!わたしが社長になるなんて」見逃し配信・再放送情報!1話から最終回まで無料動画を視聴できるサイトを紹介

目次

ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第1話:あらすじ【ネタバレあり】

カリスマ浅海社長の秘書として奮闘する主人公・高梨雛子

主人公の高梨雛子(高畑充希)は、若きカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)の秘書として働く株式会社リレーション・ゲートの社員。

車から笑顔で降りてくるイケメンの浅海の姿はキラキラしていて、まさにカリスマ!

人当たりもよく口調も穏やかな浅海を、雛子もうっとり見つめている… と思いきや「めっちゃ嫌いだわ!!」まさかの心の声。

浅海は気分屋で、思いついたことを雛子に次々とムチャブリし、雛子は各部署と社長の間で振り回されてばかりの毎日だったのでした。

そんな雛子がクリスマスの夜に家でくつろいでいると「社員から新規事業案の提出率が悪い」と浅海から連絡が入ります。

雛子は定時後の夜遅い時間にもかかわらず、新規事業案の提出を翌朝までにするよう全社員へメールするのでした。

あーちゃん

クリスマスの夜に「明日の朝までに企画書を出せ」なんてメールが届いたら、イラっとする社員続出だったのでは!?

そして雛子は、自分も新規事業案を出していなかったことを思い出し、過去の企画書で「平成」となっていた部分を「令和」に書き換えて提出します。

高梨雛子、新子会社の社長になる

翌朝出社した雛子はデスクでうとうと…すると突然浅海からメールが届きます。

「新規事業発表会を11時から行う」

慌てて会場を手配し、準備に追われる雛子。

あーちゃん

「数時間であんなに記者が集まるの?」「発表資料は誰がいつ作った!?」と思ってしまいましたが…

何とか発表会がスタートしたと思ったら、「新会社を設立し、社長を務めるのは高梨雛子」と発表されます

全く何も聞かされていなかった雛子は茫然としますが、スポットライトを浴び、記者がたくさん集まる中では否定もできず、そのまま社長として世間に発表されてしまうのでした。

雛子が社長を任されたのは、外食産業の参入を目指す「株式会社リレーション・フーズ」で、株式会社リレーション・ゲートの子会社。

新規事業発表会では社長を引き受ける形となってしまった雛子でしたが、本当に引き受けるかどうかはまだ悩んでいました。

「絶対に断ってやる!」「いや、言えない…」と葛藤する雛子は、フレンチレストランに呼び出されます。

呼び出したのはもちろん浅海。

老舗フレンチレストランを買い取り、リニューアルオープンさせることが決まる

浅海はレストランで食事をする雛子に笑顔で「おいしいでしょ?ここ、買い取ったから」と告げます。

あーちゃん

「イケメンだからってそんなこと笑顔で言われても…」と思った方も多いはず!

雛子が適当に出した新規事業の企画書は、「カジュアルなフレンチ料理を多くの人に広めたい」というものだったのです。

50年続く老舗フレンチレストランを買い取った浅海は、雛子に1か月後にリニューアルオープンするように指示

さらに今後、全国展開するようにも求めます。

雛子はまだ社長になるか迷っていると話すのですが、優秀な部下をつけると言われて登場したのは、総務担当の宮内(荒川良々)。

社長印がすでに準備されていて、契約書に押印してしまう雛子…こうしてフレンチレストランをリニューアルオープンさせることが決まったのでした。

メニュー作り、そしてシェフや部下たちとの溝に悩む高梨雛子社長

株式会社リレーション・フーズで雛子の部下となる社員は、宮内を入れて4名。

  • 企画・マーケティング担当:大牙涼(志尊淳)
  • 経理担当:深山和湖(山田真歩)
  • 営業担当:田辺和真(忍成修吾)
  • 総務担当:宮内剛(荒川良々)

雛子は部下を連れてレストランに出向き、レストラン従業員にカジュアルフレンチのお店としてリニューアルすることを伝えます。

すると、従業員たちは「オーナーが変わるとは聞いたが、リニューアルオープンなんて聞いていない」と猛反発!

特に本格的なフレンチを長年作り続けていたシェフの古賀(神保悟志)は、カジュアルフレンチにかなり否定的でした。

新メニューを考案しなければならないのに、古賀の反対で進められない…

雛子は周囲からも浅海からも古賀を切るように言われるし、大牙は単独でメニューを作成し始めるし、レストランとリレーションフーズの溝は深まるばかり

あーちゃん

「古賀さんは切るでしょ」と冷たく言い放つ浅海やリレーション・フーズの社員たち…古賀さんの想いも聞かずにクビにしようとするのは、イマドキなんでしょうか??

大牙とも言い合いとなってしまった雛子は、限界を感じて社長を辞任する決断をして、荷物をまとめて会社を出ていきました。

しかしレストランの前を通ると、これまでカジュアルフレンチのメニュー作成に反対していた古賀が、新メニュー作りに奮闘しているのを目にします。

シェフと作った新作メニューがカリスマ浅海社長に褒められる

古賀は、雛子と大牙の言い合いを聞いていて、「指示待ち人間の自分は急に変われない」という雛子の言葉に「変わらなければ」という気持ちになっていました。

あーちゃん

「古賀さん1話で退場!?」と思っていたのですが、ここで今後も残るフラグが立ちましたね。

高級食材を安くておいしい食材に切り替え、なんとか「おいしいカジュアルフレンチ」を作ろうと奮闘する雛子と古賀。

雛子は胃薬を飲んだり、店内を走ったりしながら一晩で何皿も試食します。

翌朝出社した大牙は、空っぽになっている雛子のデスクを見て、レストランへと駆け出します。

レストランについて目にしたのは、うとうとする古賀と必死に新メニューを書き留める雛子。

こうして新メニューは完成、浅海にも試食してもらいOKが出たのです。

「社長の仕事は決断すること」と雛子に伝えていた浅海は「おいしいけど、古賀シェフは切るんじゃなかったの?」と告げます。

すると雛子は「古賀さんを切らないと決断しました」と、晴れ晴れとした表情で浅海に伝えたのです。

あーちゃん

カリスマ社長の浅海さん、ここでもめっちゃ意味深に笑ってました!

社長として少し自信が出てくる高梨雛子だったが…

社長としてやっていく決心がついた雛子でしたが、会社の屋上で大牙に「あなたの下では働けない」と告げられます。

大牙は、雛子が社長を引き受けるかどうか独り言を言いながらあたふたしているところを目撃していて、自分の新規事業案が雛子に負けるわけがないとも思っていた人物です。

独り言、まじキモイっすね」と告げられる雛子…第1話冒頭のシーンがよみがえります。

あたし、あいつもめっちゃ嫌いだわ!!!!

あーちゃん

雛子に「めっちゃ嫌いな人2人目」ができたところで第1話は終了です。

ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第1話ネタバレ感想!松田翔太がかっこよすぎ!

ムチャブリは「韓国ドラマのリメイク?それとも漫画が原作?」と言われていましたが、渡邉真子さんの脚本による完全なオリジナルストーリーのため、今後の展開はまだわかりません。

そんな中でも「とにかく松田翔太がかっこいい!」と話題になっていて、放送中も「ムチャブリ」より「松田翔太」がトレンド上位にきていました。

確かにあんな爽やかイケメンが会社のトップなら、女子はみんなテンションあがりますよね!

イケメンでつかみどころのない浅海社長。

ただ笑顔の裏に何があるのか、何を考えて(企んで!?)いるかはまだわかりません。

あーちゃん

あのニコニコ笑顔の裏には、絶対に何かあると思うんですよね…

浅海役の松田翔太さんのほかにも、多くの可愛い弟分キャラ・爽やかイケメンを演じてきた志尊淳さんは、大牙というクールで少し嫌味な役ですし、今回は少ししか出番がなかった大手外食産業の御曹司・野上役の笠松将さんも気になります。

あーちゃん

笠松将さんは年末にNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」に出演し、ひたすら走って肉体改造する役で、引き締まった体を披露していました!
今回は「スーツでいい体が隠れてる!」と嘆く人も…

ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」SNSでの感想・評判

ムチャブリはオリジナルストーリーのため、今後の展開が気になるという声がたくさんありました。

イケメンたちの登場にテンションが上がった方も多かったようですね。

また、初回では雛子が社長を務める「リレーション・フーズ」の懇親会の様子も描かれていました。

そこでは場の空気を読まずに子供の写真を見せまくる営業担当の田辺に対し、経理担当の深山が「人の子供の写真はどうでもいい」と冷たく言い放つのが痛快で、笑ってしまった方も多いようです。

今後も笑えるようなセリフに期待しましょう。

あーちゃん

経理担当の深山はメガネにグレースーツでいかにも「堅苦しい経理の人」といういで立ち…でもグレースーツにエンジの靴下を合わせるなんて、タダものじゃないです(笑)

ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ!

ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第1話のあらすじと感想をネタバレありでご紹介しました!

  • 主人公・高梨雛子が任されたのは松田翔太演じる浅海が社長を務める会社の子会社「リレーション・フーズ」
  • 雛子はこの先、社長としてやっていけるのか?
  • 雛子の周りには浅海を始め、部下の大牙や外食産業大手の御曹司・野上などイケメン揃い!恋は始まる!?

初回は怒涛の展開だった「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」ですが、指示待ち人間だった雛子が「自分で決断する」社長業を今後も続けていけるのか、どう成長していくのかが見どころです。

また第2話は、優香さん演じる経営コンサルタントの桧山凛々子も登場し、浅海と親し気に話す様子は雛子をモヤモヤさせるそうです!

雛子は周りにいるイケメンたちと恋が始まるのか!?そこも注目したいと思います。

オリジナルストーリーで、今後の展開から目が離せない 「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」は、もちろん見逃し配信もあります!

  • TVer
  • Hulu

松田翔太さんなどイケメンがもう一度見たい方も、面白いセリフをもう一度見直したい方も、ぜひ動画配信サイトで見直してみてくださいね。

\ムチャブリ!の見逃し動画を無料視聴!/

目次
閉じる